サイ受験生のランブル

いつか合格後を書く

2019年度 第1回 全統マーク模試

5月に受けた全統マークについてです。

まず、点数を見ていただきましょう。

f:id:re-rhino0321:20190829105657j:image

春先は問題が簡単だと言われている割には全体的に低い点数となっています。まだ、本番までは時間があるからと、いつもと解く順番を変えたことが、ことごとく裏目に出ました。特に国語は最初に解いた古文に40分くらいかけ、評論小説は超スピードで解きました(その結果64点)。普段、現代文は9割以上取れてることが多いのでこの作戦は大失敗でした。今後は評論、小説、漢文、古文の順で解いていこうと思います。数学は解いたところはほぼ正解でしたが、毎度おなじみの時間切れ。センター試験必勝マニュアルを買ったので、次こそは解ききりたい。化学は理論しか出題されていないのでこの点数。無機有機は今後詰め込みます。社会は倫理から倫政に変更しました。それにより、出願できる大学が増えます。ただ経済分野にまだ手を付けていないのが不安材料。

一つ嬉しかったのは、第一志望でC判定、第二志望でB判定が出たことです。浪人有利の時期なので当てにならないことはわかっていますが、D、E判定をもらうよりは精神衛生上プラスだと思います。10月の模試でも最悪でもキープしたいですね。

ランニングの方は昨日は天候が悪かったので、家の中で補強運動をしただけでした。体重71.9㎏、体脂肪率23.7%でした。長年使っているスーパーランナーズという時計が故障してしまったので、修理してもらいます。それまではスマホでタイムを計ることになります。今日も6㎞走りたいところ。